へそ責め 第3巻 三矢久美 – アダルトビデオ動画 – 無料

へそ責め 第3巻 三矢久美 – アダルトビデオ動画 – 無料

















続きをみる


芸術編女教師の三矢久美は同僚で美術の教師・山本にヌードデッサンのモデルを頼まれた。しかし、どうにも山本のデッサンをする手が止まってしまった。理由はへそがうまくかけないから。芸術のために久美は山本にへそを触らせてあげるのだが、何かにインスパイアされた山本は石膏で久美のへその型を取り、その上絵の具でペイントしてしまうのだった…。潔癖編学校から帰宅した久美はシャワーでへその絵の具を落としていると恋人の進がやってきた。

>>>続きを読む

〔山本重雄氏(「世界の山ちゃん」創業者等)21日、解離性大動脈瘤のため急死(59…
三矢久美/閲覧:666回/回答:4回
〔山本重雄氏(「世界の山ちゃん」創業者等)21日、解離性大動脈瘤のため急死(59)〕
(日本経済新聞 2016年8月21 日)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H25_R20C16A8CZ8000/
山本重雄氏(やまもと・しげお=
「世界の山ちゃん」創業者、エスワイフード会長)
21日、解離性大動脈瘤(りゅう)のため死去、59歳。
告別式は23日午後1時から
愛知・名古屋市千種区千種○○のいちやなぎ中央斎場。
喪主は妻、久美さん。
1981年名古屋市で1号店を開業。
手羽先が看板メニューの居酒屋チェーンを全国展開した。
***
近年、50代&60代はもとより、
30代&40代の訃報が激増している
異様な兆候に、戦慄を覚えます。
特に、頭部に限らず、
「解離性大動脈瘤(大動脈解離)」等の
重篤な循環器系疾患に起因する疾患症例として
〔元おニャン子・新田恵利(48)
2013年発覚腫瘍が急大⇒15日、脳動脈瘤の緊急手術〕
(日刊スポーツ 2016年6月20日配信 )
〔タレント・川村ひかる(36)
若年性更年期障害の続報(早期老化か)〕
(デイリースポーツ 2016年4月8日)
>川村は2015年に婚約した際、
脳動脈瘤を抱えていることを併せて公表している。
〔 高原光雄氏(千葉・元野田市議会議長)23日、
心臓大動脈解離のため死去(67)〕
(産経 2016年5月26日)
〔山田忠之氏(埼玉/前熊谷市議会議員)13日、
胸部大動脈解離のため急死(52)〕
(silvershield 2016年4月14日)
〔お笑い『ブルーリバー』青木淳也(34)
A型急性大動脈解離で22日緊急手術〕
(silvershield 2016年3月23日)
〔写真家・中居裕恭氏2月17日、
吐血後、大動脈瘤破裂により急死(60)〕
(silvershield 2016年3月15日)
〔タレント・大木凡人(69)1月19日、
難病「大動脈解離」を発症⇒救急搬送&21日緊急手術〕
(スポニチアネックス 2015年5月19日配信)
等々
特に東日本方面における
特に「脳卒中」(「脳梗塞」&「脳出血」)
や「解離性大動脈瘤(大動脈解離)」等の
重篤な循環器系疾患に起因する
比較的若年層の急死(突然死)
報道も、最近特に目立ってきたように感じます。
最近の(「福島県」を中心とした東北方面はもとより)
関東方面においても、比較的若年層の著名人の訃報
&重篤疾患の急増から推測しても、
1F事故との地理的&時系列的にも、
被曝疾患としての側面が
非常に強いと言えるのではないでしょうか?
【やがて訪れるカタストロフの真相】
http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?n=126776
<表1=北ウクライナ住民の精神身体疾患の患者数推移
(1987年~1992年)>~約5年間の推移~
(事故以前&事故当年
1986年の疫学データが不明な事に注意
⇒ただ事故以前&事故当年との対比では
下記の増加率よりはるかに大きい事は明らか)
Ⅰ)内分泌疾患(631⇒16304)約26倍増
Ⅱ)精神疾患(249⇒13145)約53倍増
Ⅲ)神経系疾患(2641⇒15101)約6倍増
Ⅳ)循環器疾患(2236⇒98363)約44倍増★★★
Ⅴ)消化器疾患(1041⇒62920)約60倍増
Ⅵ)皮膚疾患(1194⇒60271)約50倍増
Ⅶ)筋骨格系疾患(768⇒73440)約96倍増
チェルノブイリの経験則はもとより、
厚生労働省の
2011年度以降の脳梗塞&脳出血を含む
循環器系(特に高血圧性疾患)の急増が
報告されていますが、
1つの仮説に過ぎませんが、
類似同属元素としての
人工放射性物質としての「セシウム」
自然放射性物質としての「カリウム」
どうしが血中で、
誤作動(誤差認識)はもちろんのこと、
一種の何らかの化学反応を生じ、
血中のあちらこちらで、特に酸素濃度の高い
動脈系列の酸素と結合し特殊な凝固(酸化物)を連発し
最悪難病に至る重篤な(心臓&脳を含む)循環器系の
急激な異変を生じさせているものと推論
できないでしょうか?
PS
また、地理的関連性として、
〔榎本元彦氏(静岡・伊東市議会・副議長)
7月26日、近隣山頂で急死(49)〕
(Nitewatch 2016年8月4日)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416250222…
等でも触れたように、
詳細は↑リンク先を参照頂くとして、
松原裕氏(36)
岡野喜之助氏(69)
嘉納正人氏(37)
柴田章志氏(54)
三矢浩史氏(41)
堀田俊哉氏(51)
今坂勝広氏(40)
佳梯かこさん(58)
近藤和正氏(49)
高橋圭三氏(50)
望月武氏(46)
等々
「愛知県が直接被曝のボーダーライン
(セシウム合算50Bq/kg以下)」
〔愛知県土壌汚染平均:セシウム合算20~30Bq/kg
⇒チェルノブイリのフランス
(ホットスポット・南フランスを除く)の平均汚染に相当〕
〔⇒間接被曝も含めると、日本全土が被曝地帯〕」
「直接被曝のボーダーライン」地帯
(特に、静岡、愛知)
においても、比較的若年層の訃報&重篤疾患
の報告例が近年目立ってきたように感じています。
補足〔「死相」国家~突然死を招く!
重大病[「脳卒中」&「心疾患」]の「危険なサイン」〕
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n329639
(2015年 1月1日)
厚生労働省の推計によりますと、
2014年に
生まれた赤ちゃんは
100万1000人で、
前年に比べ、およそ2万9000人減少し、
統計を取り始めた1899年以降で最も少なくなりました。
一方、
死亡した人は
126万9000人
の戦後最多で、
この結果、
日本の人口は
8年連続で出生数が死亡数を下回る「自然減」となり、
減少幅は26万8000人で過去最大です。
〔出生数:100万人割れ寸前 2014年の推計値〕
(毎日新聞 2015年1月1日)

死因は
(1)悪性新生物(がん)
(2)心疾患
(3)肺炎
(4)脳血管疾患★★★
??の順で、
4疾病で死んだ人が全体の6割を占める。

当方も何度も触れているように、
チェルノブイリの経験則からも
被曝疾患の大規模顕在化時期(爆増期)
が2016年度以降。
そうすると、今年2016年度以降、
若年層の突然死を筆頭とする
この種の様々な重篤疾患も、
従前とは桁違いの規模で表面化し、
国際的にも大きく社会問題化するのは
概ね予測できるのではないでしょうか?

ベストアンサー
●60歳過ぎて胃癌で死ねば放射脳のせい。
●70歳過ぎて脳梗塞になっても放射脳のせい。
●競馬の騎手が落馬したのは放射脳のせい。
●転んで怪我したのは放射脳のせい。
●自殺で死んでも放射脳のせい。
●70歳過ぎて心筋梗塞になっても放射脳のせい。
●登山で遭難死しても放射脳のせい。
●性同一性障害も放射能のせい。
●マグロがでかいのは放射脳のせい。
●パンダが発情しないのは放射脳のせい。
●尿路結石は放射脳のせい。
●鼻血が出るのは放射脳のせい。
●ヘリウムガスの吸い過ぎで倒れたのは放射脳のせい。
●若くして乳がんで死んだのは放射脳のせい。
●2009年から罹患してた白血病で死んだのは放射脳のせい。
●水族館のマグロが次々死んだのは放射脳のせい。
●何だか分からないけど心不全は放射脳のせい。
●88歳のバアさんが心不全で死んだのは放射脳のせい。
●ギックリ腰になったのは放射脳のせい。
●芸能人の息子が転落死したのは放射脳のせい。
●越後湯沢の中古マンションが売れないのは放射脳のせい。
●三船美佳が離婚したのは放射脳のせい。
●『ブラックジャック』の“人面瘡”は放射脳のせい。
●中高生女子の飲酒が多いのは放射脳のせい。
●上野動物園で大型動物が死んだのは放射脳のせい。
●若ハゲも放射脳のせい。
etc,,,,etc,,,
とにかく人が死ぬのは全部が放射脳のせい。
ついでに魚が死ぬのも全部放射脳のせい。
放射脳の バ カ さ加減が良く理解できました。
⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ